読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法廷日記

浦部孝法の日記です。時事問題、法律問題に関して適当に書いています。

英語

英会話を得意にするには英作文力を鍛えるべし

日本人は英語学習時間の割に英語が苦手と言われている。しかし、実際のところ、それなりにきちんと大学受験を経験した日本人のリーディング能力、リスニング能力は決して低くない。辞書があれば、ちょっとした英語のサイトや記事などは読めてしまう人がほと…

オンライン英会話でトラブル相次ぐ、サービス選びも重要

オンライン英会話で一方的なサービス停止などのトラブルがおこっているようです。あれだけオンライン英会話学校が乱立していると、こういうこともあるのでしょう。昔、某駅前留学でも似たようなことがありましたね。駅前留学にくらべて支払済みの授業料が低…

漫画で英単語を覚えよう

英語を学習しようとするとき文法やリスニングなどから入ってしまう人も多いと思う。しかし、日本人は遅くとも中学校から高校までの6年間でみっちり文法を学習しているので、いまさら文法からスタートする必要性は低い。 日本人が英文を読めなかったり、リス…

洋画で学ぶ英語表現第6回-キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

第6回はスティーブン・スピルバーグ監督のキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンです。主演は、レオナルド・ディカプリオ。2002年公開のちょっと古い映画です。 本作は、天才詐欺師フランク・アバグネイルの自伝を元に映画化された実話ベースの映画です。…

洋画で学ぶ英語表現第5回-悪の法則

第5回はリドリー・スコット監督の悪の法則です。 いきなりイケメン弁護士が舌技で彼女をいかせるシーンから始まる衝撃的な映画です。 さんざん警告されたのに、軽い気持ちで危ないビジネスに手を出してしまうイケメン弁護士。その後、悲劇に巻き込まれるわ…

洋画で学ぶ英語表現第4回-テッド(TED)

第4回はセス・マクファーレン監督のテッドです。 可愛らしいクマさんのパッケージに騙されてはいけません。さりげにR15指定の作品です。下品な表現がわんさかと出てくる下ネタ満載コメディ映画です。お子さんが見たいと言ってもちょっとは躊躇しましょう…

洋画で学ぶ英語表現第3回-ホビット 思いがけない冒険

第3回は、ピーター・ジャクソン監督の「ホビット 思いがけない冒険」です。 本作品は、ロード・オブ・ザ・リングの前話で、ロード・オブ・ザ・リング同様全3部作の大作となっています。本作は三部作の第1部になります。 ニュージーランドで撮影された雄大…

洋画で学ぶ英語表現第2回-幸せの隠れ場所

第2回は、ジョン・リー・ハンコック監督の幸せの隠れ場所です。原題はThe Blind Side 実話をもとにアメフト選手のマイケル・オアー氏の半生を描いています。まさにアメリカンドリーム的な映画です。 この映画、貧困の描写が生々しく個人的には視るのが辛か…

洋画で学ぶ英語表現-ウォール街

割合としてはそんなに多くありませんが、僕は英語が必要な業務も多少やっています。弁護士業界は、構成員の学力や社会的地位に比較して、外国語能力が全体的に低すぎるので、外国語ができるというのは結構アドバンテージになるのではないかと思います。 英語…