読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法廷日記

浦部孝法の日記です。時事問題、法律問題に関して適当に書いています。

花巻南高校野球部のいじめは、監禁罪と器物損壊罪

花巻南高校野球部で、野球部員が携帯電話を取り上げられ、檻のようなところに閉じ込められている動画が流出した。

野球部員をおりに閉じ込め、岩手 動画流出、いじめか - 共同通信 47NEWS

いじめといえば軽く聞こえるが加害者たちがやっている内容は、携帯電話の取り上げについては器物損壊罪、閉じ込めについては監禁罪が成立する。監禁罪の法定刑の上限は7年で、器物損壊罪と併合罪になるから法定刑の上限は10年となる。

なお、携帯電話の取り上げ行為については窃盗罪の成立も考えられうるが、問題の動画内で警察に電話するのを防止するために取り上げている旨の発言があったことから、窃盗罪の構成要件である不法領得の意思が認められない可能性があり、携帯電話の効用を喪失させたということで器物損壊罪になる可能性が高いと考えられる。

上記犯罪行為は、成年事件で初犯であれば10~20日程度の身柄拘束の後、不起訴(起訴猶予)で済むケースも多いだろう。

もっとも、いじめの加害者はおそらく同じ高校の生徒であるだろうから未成年であると考えられる。未成年の場合は少年法が適用されるので、10~20日程度の身柄拘束の後、1か月間の鑑別所行きになる可能性がある。鑑別所行きともなれば高校は高確率で退学処分となる。少年院行きになることは稀であろうが、少年の場合、同じような事件でも鑑別所行きが間に入ることから、結果的に大人よりも身柄拘束期間が長引くということはよくあることである。