読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法廷日記

浦部孝法の日記です。時事問題、法律問題に関して適当に書いています。

隙間時間読書に有用なキンドル複数台持ち

社会人ともなると一冊の本をじっくりと読むだけのまとまった時間の確保はなかなか困難です。そのため、多くの社会人は隙間時間などを利用して読書をしていると思います。

僕は読書の有用性を信じていますので、最低でも1日1冊以上は本を読みたいと考えています。忙しい社会人が1日に1冊以上本を読むのは結構大変かもしれませんが、電子書籍の普及などでハードルはだいぶ下がってきました。

隙間時間読書をする上で、電子書籍の利用は非常に便利です。重い本を持ちあるく必要はなく、電子書籍端末さえ持っていればいつでも好きなときに本を読むことができます。

隙間時間読書の効率をあげるため、僕はキンドル複数台持ちを推奨したいと思います。キンドルの電子書籍は最大6台の端末にダウンロードすることができます。さらに便利なことに、キンドルには同期機能があるため、ある端末で途中まで読んだ場合、他の端末でも同じところから読書を再開することができます。

リビング、トイレ、風呂、寝室、かばん等のあらゆるところにキンドルを装備しておけば、気が向いたときいつでも読書にとりかかることができ、1日の読書量をかなり増やせることでしょう。一家に一台あればいいじゃないかと思う人もいると思いますが、実際のところリビングにいて寝室にあるキンドルをとりに行くというのは読書をするうえでかなりのハードルになります。人間とは怠惰なもので、すぐにとりかかれることでないとやる気がおきないのです。

キンドルは、ipadなどのアプリでも読めますが、ipadとかだとついつい他の機能を使いがちになってしまうので、純粋キンドルを複数台もつのが理想でしょう。