読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法廷日記

浦部孝法の日記です。時事問題、法律問題に関して適当に書いています。

レンタカーで交通事故を起こした場合の対応

起こしてしまったらただでさえあせってしまう交通事故。ましてや借り物のレンタカーに乗っているときに起こしてしまったらよりあせることでしょう。そこでレンタカーで事故を起こした場合の対応をまとめておきましょう。

  1. まずは何よりも負傷者救護
  2. 警察に連絡
  3. レンタカー屋に連絡
  4. 写真撮影

1.まずは何よりも負傷者救護

人身事故を起こした場合の最優先事項は負傷者の救護です。これは道路交通法上の義務です。車を安全な場所に停めて、負傷者の救護を行いましょう。

2.警察に連絡

事故が起きたら警察に連絡します。とりあえず110番に電話です。「事件ですか、事故ですか」と聞かれるので「事故ですと答え、状況と場所を冷静に伝えましょう。」

物損だけの場合でも警察には必ず連絡をしましょう。物損の場合でも事故を届け出るのは道路交通法上の義務であり、警察への届出を欠いた場合レンタカーの保険が使えなくなる可能性もあります。

警察がきたら、免許証、車検証、自賠責保険証明証の提示を求められます。レンタカーの場合、車検証や保険証は助手席のダッシュボードに入ってることが多いでしょう。

3.レンタカー屋に連絡

警察の現場検証が終わったらレンタカー屋に連絡をしましょう。24時間営業のサポートダイヤルが設けられているはずなので、そちらに連絡して今後の対応を問い合わせましょう。レンタカー屋への連絡を欠かすと保険がきかなくなる可能性があるので、どんな些細な事故でもレンタカー屋への連絡は忘れてはいけません。

4.写真撮影

余裕があれば現場や破損状況を保存するために現場の状況を写真撮影しておきましょう。

レンタカーの場合、保険の等級等を気にする必要はありません。些細な事故でも隠ぺいせずに必ず警察、レンタカー屋に連絡をしましょう。