読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法廷日記

浦部孝法の日記です。時事問題、法律問題に関して適当に書いています。

弁護士下腹部切断事件の犯人、懲役4年6月の実刑

どうでもいい日記 法律論

自分の妻が、妻の勤務先の弁護士に強姦されたと勘違いした慶応ロースクール生の男が、弁護士の下腹部をハサミで切断しトイレに流した事件で、2016年7月5日、男に懲役4年6月の実刑判決が下された。

元大学院生に懲役4年6月=弁護士下腹部切断「責任重い」―東京地裁 (時事通信) - Yahoo!ニュース

初犯の傷害事件で、懲役4年6月はかなり重い量刑である。先日、女社長が男性アルバイトを蹴って死なせた傷害致死罪で執行猶予判決が出たばかりであるが、バランスがとれているのか疑問である。下腹部も大事であるが、命より重いということはないであろう。死亡させた事件の量刑が、下腹部を切り取った事件より軽いというのは国民の納得を得られるだろうか。

傷害致死で執行猶予は軽いのか。 - 法廷日記

いずれにせよ被害者の弁護士からすれば懲役4年6月でも軽く感じるであろうし、この男が4年もすれば出てくるというのは恐怖であろう。

ところで、強姦されたと虚偽を述べた男の妻がなんのお咎めもなしということについてはネット上でも批判の声が多い。妻は犯行時、男に同行していたのであるから、真実を言う機会はあっただろうに。

本件は、女に振り回された悲しい男たちの物語である。

【局部切断裁判】小番一騎の嫁がクズすぎるww和田正弁護士下腹部切断事件その後、第2回公判で衝撃の真相が明らかにwww【画像・週刊誌内容あり】2ch「妻怖えよ…」 : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ