読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法廷日記

浦部孝法の日記です。時事問題、法律問題に関して適当に書いています。

時給の良い仕事ほど楽だし楽しい

給料は我慢をした対価などと言う人がいます。基本的に働くことが嫌な人は多いので、こういう考えの人も多いことでしょう。給料の定義をこのように捉えると、我慢のレベルが強ければ強いほど、時給が高いことになります。

しかし、実際には時給が高い仕事ほど楽で楽しいですし、時給が低い仕事ほど辛くて楽しくないことが多いと思われます。

ためしに、僕が過去にしてきた時給制のアルバイトを振り返ってみましょう。とりえあず時給の安い順に

小売店でのバイト:時給800~1000円

僕がやったことのある時給制の仕事のうち最も時給が低かったのが某大型小売店でのアルバイトでした。仕事内容は、レジ打ち、商品の補充、配送、掃除等でした。どの仕事も基本的に単調で楽しくありませんし、立ちっぱなしの仕事なので身体には優しくありません。最も嫌だったのは、一部の客と店員のレベルが低すぎることでした。どちらもどうしてそんなに嫌な人間になれるのかという人がチラホラいました。

塾講師:時給1500円

次に時給が低いバイトは、既にそこでバイトをしていた友人に頼まれて始めた塾講師でした。中学生の個別指導系です。名目の時給は2000円程度でしたが、授業時間にしか賃金は発生せず、授業時間外の雑務の時間も含めると実質の時給は1500円程度でした。今ならブラックバイトと呼ばれていることでしょう。講師はすべて社員と宣伝していましたが、実際にはほとんどが学生バイトという悪徳塾でした。

内容が中学レベルの科目なので、特に面白みはありません。生徒やバイト講師は良い人が多かったですが、悪徳だけあって社員が糞でした。友人には悪いですが、学期が変わる頃早々に辞めました。

家庭教師:時給2000円

そろそろ時給がよくなってきました。次は、とある業者から派遣されていく家庭教師のバイトでした。相手は中学生です。仕事内容は塾講師とほとんど変わりませんが、かなり楽な印象でした。

業者が入っているので、家庭教師にしては時給が安かった印象ですが、時給以外にも、家庭教師先からいろいろ頂いていたのでまあまあ良いバイトだったと思います。

調査系のバイト:時給4000円

時給が結構よかったのがとある調査系のバイトです。いろいろ調べものをしたり、資料をまとめたりして上司に報告するお仕事です。家庭教師よりも一気に時給が増えます。

オフィスのグレードもあがってかなり快適な労働環境でした。お客さんと接することはありませんでしたが、周りの人のレベルも高く、仕事内容自体も楽しく勉強にもなりました。金をもらって勉強をさせてもらっているという感じの仕事でかなり割のいいバイトでした。

とある専門系のバイト:時給10000円

一番時給がよかったのは、とある専門知識が必要なバイトです。これはそんなに一般的な仕事ではなく期間も短かったですが、楽で楽しいバイトでした。やっていれば自分の勉強にもなりましたし、そこで付き合う人も良い人ばかりでした。

時給を高めるのは専門性

相当短期のような奴や忘れてしまったものを除いて、やったバイトはこれくらいで、あとはもうバイトではない本業ですね。上のバイト例でみていくと、専門性が高まるほど時給は上がっていく感じですね。しかし、時間当たりの消耗度はむしろ下に行くほど軽くなっていきます。楽な仕事ほど時給が良いというのもおかしな話ですが、実際そうなのだから不思議ですよね。

もっとも、風俗のように、何らかの身体的リスクと引き換えに時給を得ている仕事は別に考えた方がいいでしょう。

今やっている仕事が辛くてかつ時給も安い人は、何か勉強になって専門性を高められるような仕事にシフトするのがよいかもしれません。