読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法廷日記

浦部孝法の日記です。時事問題、法律問題に関して適当に書いています。

フリーランスで月10万円で食ってくなんて無理

どうでもいい日記 仕事 生活

脱社畜、フリーランス推奨派の人の中には、月10万円の収入でも生活していけるなどという風説を流布する方がときどきいます。しかし、サラリーマンで手取り月10万円ならいざしらず、フリーランス(自営業者)で所得月10万円で生活していくなんて土台無理な話です。かわいそうな被害者が出ないように数字で説明しましょう。

まず、所得月10万円ということは年間所得は120万円です。青色申告者であれば所得税、住民税、国保で年間10万円くらい、国民年金で18万円くらいでしょうか。そのため、手取りは年間92万円、1か月あたりではわずか7万7000円程度です。

あまり現実的ではない希望的生活費として、家賃が月4万円、水道・光熱費・携帯・ネット等で月2万円で計算しても残りはたったの1万7000円。これで、食費・日用品その他もまかなわなければなりません。これだけでほぼ無理ゲーですが、医療費などのイレギュラーな支出があったら詰みます。結婚式や飲み会には一切呼ばれない、お年玉はあげる側ではなくもらう側等の潔さも必要になります。

そして、給与をもらうことしかなかった人によくある勘違いなんですが、フリーランスになったら、給与みたいに毎月7万7000円が定額で振り込まれるわけではありません。20万円の月もあれば0あるいはマイナスの月もあるのが自営業者です。そのため、収入ゼロが続いても生活できるだけの蓄えが本来的に必要になります。しかし、この収入では蓄えなどできません。

以上は所得で計算しましたが、月10万円生活の人たちは下手したら所得ではなく売上を言っているのではないかという疑いもあります。こういったことを言っている人たちは親や配偶者などの養ってくれる人がいるか、実際には自営業を経験したことがなく、机上の空論を言っているだけなのかなと思います。