読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法廷日記

浦部孝法の日記です。時事問題、法律問題に関して適当に書いています。

グルメサイトは写真の数と質が重要、動画も積極的に使いたい

レストラン探しに使われるサイトは現状圧倒的に食べログが優勢で、次いでぐるなびやホットペッパーなどのグルメ情報サイト、個人のグルメブログ、キュレーション系サイト・アプリなどが使われるのだと思います。

食べログの利用が多いのは、レビューやランキングなどの情報だけでなく、写真の量が他のサイトを圧倒的に上回っているからでしょう。レストランに関するレビューは個人差が大きいのはもはや周知の事実で、レビューそのものをありがたがっている人は減ってきているはずです。むしろ、食べログ利用のメインは写真が豊富に見れるという利点が大きいでしょう。

写真が持つ情報量というのはかなり大きく、個々の文章でのレビューよりもよっぽど参考になります。料理、店の内観・外観等の各レビュアーが撮った写真が大量に集まる食べログの情報量は極めて大きいものといえます。これに対して、他のサイトや個人ブログではなかなか太刀打ちができません。

食べログの豊富な写真に勝つには、良質な写真を集めるか、写真よりもさらに情報量の多い動画を用いることが考えられます。不動産情報サイトでは、既に動画を用いているとこもありますので、これからのグルメ情報サイトも動画を重視する方向になっていくのだと思います。ただ、動画は写真撮影よりもハードルが高く、店の許可が得られるかも微妙なところなので、その点をクリアする必要があります。