読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法廷日記

浦部孝法の日記です。時事問題、法律問題に関して適当に書いています。

映画「スティーブ・ジョブズ」視たよ

どうでもいい日記 映画

映画「スティーブ・ジョブズ」を視ました。アップルの創業者である故スティーブ・ジョブズを題材にした映画です。

冒頭はスティーブ・ジョブズ氏が初代ipodをプレゼンするところから始まります。映画の舞台はこれよりも以前のアップル創業期やジョブズがいったんアップルから追い出された時期がメインです。

どちらかというとファン向けの映画で、ある程度アップルの背景を知っている人を対象に描かれていると感じました。ジョブズ氏について書かれた本を読んだことがある人はついついニヤリとしてしまうシーンなどがありますが、そうでない人は展開があまり読めずポカーンとしてしまうかもしれません。最低でもジョブズ氏のウィキペディアぐらいは確認してか視聴した方がよいでしょう。なお、mbaやiphoneなどの最新のデバイスなどはでてきません。もっと古い時代がメインです。

見どころはジョブズ氏のプレゼンシーンなどではなく、ベンチャー創業期のドロドロの人間関係ですね。人によってはドロドロ具合に気分が悪くなってしまうかもしれませんが、突き抜けてく企業というのはみんなこんな感じなのかもしれません。

フェイスブックの創業期を描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」を面白く視れた人は、本作も面白く視れると思います。そうでない人にはちょっと厳しいかもしれません。