読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法廷日記

浦部孝法の日記です。時事問題、法律問題に関して適当に書いています。

「ラッシュ/プライドと友情」視たよ

映画「ラッシュ/プライドと友情」を視ました。F1もので、1976年のF1世界選手権でのタイトル争いを実話ベースに描いた作品です。

登場人物は、ジェームス・ハント(マクラーレン)とニキ・ラウダ(フェラーリ)の二人。自由奔放な性格のジェームスに対して、理論派でお堅いニキ。全く対照的な性格の2人のライバル関係を描いていくストーリとなっています。

1976年のシーズンではニキが1位を独走していましたが、とある日のレースは雨によりサーキットの状態がひどいものでした。ニキは20%しかリスクはとれないと、レースの中止を要求しましたが、ニキを追いかける格好のジェームスは結構を支持。結局、決行派が多数派を占めレースは開催されることになりました。しかし、レース決行に反対していたニキがまさかのクラッシュで重度の火傷を負ってしまい、重体になってしまいます。

なんとか一命をとりとめたニキは、シーズン中に復帰を果たします。そして、優勝者が決まる最終決戦の地は日本の富士スピードウェイ。この日も、ニキがクラッシュした日と同様、豪雨でサーキットは最悪のコンディション。それでも、レースは決行されることに。

ジェームスとニキ、果たしてどちらが勝者になるのか。。。といったスポコンものです。

F1ファンの人なら結末はわかってしまいますが、F1ファンか否かによらずなかなか楽しめる作品でした。