読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法廷日記

浦部孝法の日記です。時事問題、法律問題に関して適当に書いています。

洋画で学ぶ英語表現第2回-幸せの隠れ場所

第2回は、ジョン・リー・ハンコック監督の幸せの隠れ場所です。原題はThe Blind Side

実話をもとにアメフト選手のマイケル・オアー氏の半生を描いています。まさにアメリカンドリーム的な映画です。

この映画、貧困の描写が生々しく個人的には視るのが辛かったです。世の中金なんだなーということがよくわかります。

覚えておきたい(?)英語表現

SJ!SJ!, do not go in the girls' locker room again. Come here! SJ, come here!

SJ!女子更衣室に入っちゃだめ。こっちに来なさい。

SJがちゃっかり姉のコリンズのバレーボールチームの更衣室に入ろうとしているのを、リー・アンが止めようとしているシーンです。" again " と言っていることから、SJに前科があることがうかがえます。

She's about to get her way.

彼女はわが道を行こうとしている。

リー・アンがマイケルを家に連れて行く決意をしたときに夫のショーンが言ったセリフ。一度決めたら他人が何を言っても止められない人なのでしょう。" be about to do" は「まさに~しようとしているところだ」という意味です。

It's your decision.It's your life.

あなたの人生なんだからあなたが決めなさい。

マイケルの進路に関して、リー・アンが言ったセリフです。いいセリフですね。

お涙頂戴映画ではありますが、コメディ要素もチラホラあり、視て損はない映画です。